行う内容は?

弁護士への企業法務依頼に関する内容としては、主にこれらが挙げられます。

まずは、会社が存続するために必要な、基本的事柄についてです。登記関係などがこちらに含まれますが、会社として経営をしていくうえで必要な事柄、会社として仕事を行うために必要な申請などを行うことが企業法務に含まれていますので、会社立ち上げなどの際に相談を行うことで、必要書類の提出などを含めて、弁護士さんが行ってくれると言えるでしょう。また、会社で入社時に配布を行う、企業定款などの作成も行ってくれる弁護士さんが多いと言えるでしょう。

次に、契約書類の作成に関してです。仕事を行う上で欠かすことが出来ない契約書ですが、法的拘束力のない契約書では何の意味もなく、契約書どころかただの紙切れになってしまいますので、法的拘束力のある契約書を作成するということも、企業法務の一環であると言えるでしょう。

このように、企業法務には様々な仕事内容がありますが、いずれにしろ会社存続のためには必要不可欠な内容だと言えますので、初めて会社を興すので右も左もわからないという方は特に、自分でやるのではなく、まずは弁護士に相談を依頼を行うべきであると言えるでしょう。